医療保険は積立か掛け捨てどちらが良いの?

医療保険は、怪我や病気に見舞われて手術や入院しなくてはならなくなった場合に、保険会社から給付金を受け取れるという内容の商品です。

公的保険をサポートするという位置付けであり、かっては外資系保険会社が専門的に取り扱っていました。

国内の保険会社が医療保険を提供するようになったのは、2001年に自由化が認められて以降です。

このために、現在では多様な内容の医療保険が用意されるようになっています。公的保険の見通しが明確でなくなっているために、もしもの時の備えとして注目を集めています。

医療保険は、積立タイプと掛け捨てタイプとに分類する事が出来ます。

『積立タイプ』は、保険の終盤にお金が戻ってくる、一定期間ごとに生存給付金等を受け取れる、加入後一定期間経過すれば支払った保険料が戻ってくる等の種類があります。つまり、貯蓄代わりに利用する事が可能という事になります。

一方の『掛け捨てタイプ』は、支払う保険料が積立タイプと比較するとかなり少ないという事がメリットとなっています。

ただし、何事もなかった場合は保険料は戻ってきません。一部戻ってくるタイプの商品も用意されていますが、積立タイプよりも大幅に少なくなっています。

積立タイプも掛け捨てタイプも多様であり、事前に内容について良く理解しておく事が必要です。

自分と合った医療保険を見つけだす事により、将来のリスクを抑制する事につながります。







同じカテゴリーの最新の記事

  • 子供の医療保険

    医療保険は、病気やけがに見舞われた時の入院や手術によって生じる経済的な負担を軽減するという内容の商品です。 国内企業が取り扱いを開始した事により、多様な種類の医療保険が用意されるようになっています。また、公的制度の見通しが不透...


  • 女性の医療保険

    女性は、年齢を重ねるにつれて様々な難しい症状が表面化する様になります。 女性ホルモンの分泌量が低下してしまうので、ホルモンバランスが崩れてしまうからです。更年期障害と呼ばれていますが、一括りに出来ないほど内容は多様です。 ...


  • 医療保険は保険料が安い!

    医療保険は、手術や入院の際にかかる医療費を軽くするために用意された商品です。1970年代にアメリカの保険会社が営業を開始した商品で、それ以来独占的に取り扱われてきました。 医療保険を国内の保険会社が提供するようになったのは、2...


  • 生命保険と医療保険の違い

    日本国内で提供されている保険は、終身保険や定期保険等の生命保険である第1分野、火災保険や自動車保険等の損害保険である第2分野の商品が大半です。 現在注目されている医療保険は、これらとは違うという事で第3分野に属している商品です...


  • 医療保険は積立か掛け捨てどちらが良いの?

    医療保険は、怪我や病気に見舞われて手術や入院しなくてはならなくなった場合に、保険会社から給付金を受け取れるという内容の商品です。 公的保険をサポートするという位置付けであり、かっては外資系保険会社が専門的に取り扱っていました。...


  • 医療保険の種類は?

    医療保険は、以前は外資系保険会社が独占的に取り扱っていた商品です。 あくまでも公的保険を補完するという位置付けであり、財政難が現実になる前にはそれほど必要なものとは認識されていませんでした。 しかし、公的保険が現在の枠組...


  • 持病があっても医療保険に加入できるの?

    病気や怪我の治療費用を軽くするための商品である医療保険は、かっては外資系保険会社が独占的に取り扱っていました。 21世紀に入り自由化が認められた事により、国内の損害保険会社や生命保険会社が参入するようになっています。このために...


  • 医療保険の失敗しない選び方

    医療保険は、怪我をしたり病気となって手術や入院をした時に備えて加入する商品です。 命に対しての生命保険や建物や自動車にかける損害保険に属さない分野であり、第3分野と呼ばれています。また、公的な制度である健康保険も医療保険と呼ば...


  • 安心クチコミランキング

    医療保険とは? 医療保険は、ケガや病気の治療に対する経済的な負担を軽くするための保険です。 公的医療保険を補完する様な内容であり、以前は外資系の保険会社が独占的に商品提供を行ってきました。 ...